好きな街から、働こう。

WORK LOCAL

都会でもいい。地方でもいい。人の暮らしの中には経済がある。
それは大都会の大資本が生み出すものだけではない。
たくさんのお商売がローカルな街の中で営まれていて、
私たちの暮らしを豊かにしてくれている。
その街の空気は、その街でどんな商売がされているのか、
どんなお店があるのかの影響も大きく、
そして、それが地域によって違うから面白い。
私たちがサービスを届けているのは、そういう人たちだ。
そして、そういう人たちから多くのことを学ばせてもらって、
私たちが解決できそうな課題を、
得意なソフトウェアサービスを通して解かせてもらっている。
そう考えると、別にみんなの暮らしが同じ場所にある必要はない。
いろんな地域の、いろんなオーナーさんのことを知れたほうが、
もっと私たちは良い答えを導き出せる。
好きな街から働こう。
私たちが求めるFunは暮らしのすぐそばにある。

NEW
2022/02/28

「働き方・リモートワーク」に関するFAQ(よくある質問)を追加しました

「WORK LOCAL」制度詳細

日本全国どこでも居住可能

交通費は月15万円まで支給

特急、新幹線、飛行機の通勤も可能

※特急は利用条件あり

リモート環境整備の補助金

ホームオフィスサポートとして毎月1万円支給

フレックスタイム制

コアタイム 12:00-16:00

コロナリスク軽減後は
月2回程度の出社を想定

※職種による違いや個別事情の考慮あり

STORE Visit

STORES 各サービスを利用している店舗での買い物補助として上限5,000円/月支給

詳細をnoteで読む

オープンドア

経営メンバーとカジュアルに雑談できる時間枠を設定

詳細をnoteで読む

LOCALではたらく社員の声

広島県でWORK LOCAL

家族も自分も無理なく、好きな街から働ける

エンジニア

東京の会社で働いてみたいと考えたことはありましたが、広島在住かつ子どもが生まれ難しいと思っていました。
そんな時heyから連絡をもらい、「広島からフルリモート勤務」に。今は子どもの送り迎えに行きやすくなり、妻もキャリアを諦めることなく管理職にチャレンジできています。家族に転職や転校を強いることなく、かつ自分自身もチャレンジしたい仕事ができ、とても充実しています。
広島の街で自社プロダクトを見つけると嬉しくてつい話しかけてしまうことも。先日も STORES 決済 のストアでパフェを食べました。地元のお店にもどんどん STORES をオススメしていきたいです。

福岡県でWORK LOCAL

heyの仕事を続けながら地元も感じられる

エンジニア

原則リモートになったのを機に地元福岡へ。
勉強会も最近はリモート開催なので不便はなく、部屋は広くなり、浮いた家賃でデスク環境への投資も検討中。家族の通院や家事も手伝えています。
趣味のクライミングジムも東京ほど混まないし、窓の外・縁側でも自然を多く感じられます。
地元の街の美味しいお店やお気に入りのコーヒー屋さんにも通うようになり、どの店にも「常連さん」がいるのが面白い。東京にいた時よりお商売をする人たちとのコミュニケーションが増えた気がします。

静岡県でWORK LOCAL

地元のお店で買い物をし、地元のお店から話を聞ける

プロダクトマネージャー

子育てに良さそうな環境を探して、出身地からも近い静岡県三島市がしっくり来たのがきっかけです。
移住して、スーパーで生鮮食品を買わなくなりました。野菜はファーマーズマーケット、肉は精肉店、魚は沼津港の魚屋でと、地域の個店で買い物するように。お店の方との会話も生まれました。
地元にも STORES を利用しているお店があり、サービスの改善要望など参考になる話を聞かせてもらったことも。何より静岡の田舎でも STORES を使ってくださるオーナーさんがいることに感激しました。他にも行きつけのコーヒー屋さんなど街のお店に家族で通い、仲良くさせてもらっています。

noteで詳しく読む
長野県でWORK LOCAL

子育てのタイミングで、実家のデジタル化も支援

カスタマーサクセス

子どもが生まれるタイミングで、私と妻の地元である長野へ移住しました。都内だと子どもの泣き声など少し周囲を気にしていましたが、その心配もなくなり、週末は実家で子どもを預かってもらえるので安心して買い物にでかけたりしています。
地元で仲良くしている方はみんなお商売をしていて、話を聞いて刺激になることも多いです。
ちょうど妻の実家のお菓子屋さんでも STORES でネットショップを始めることになり、今では夫婦でデジタルまわりの手伝いができています。

Funな働き方を支援する多様な制度

heyでは自分たちのJust for Funな働き方も実現する制度を充実させています。

Fun for Family

ファミリーサポート休暇制度

 これまで「キッズサポート休暇」としていたものを、対象を拡大。家族の介護や看病など、二親等以内の家族の対応につき年5日の特別有給を付与(上限15日/年)

結婚するとき: 結婚お祝い金

結婚お祝い金として3万円を支給(事実婚にも適用)

子どもが生まれるまで: 産休お祝い金

お祝い金として30万円を支給

子どもが生まれるとき:ベビーウェルカム休暇 + 出産お祝い金

パートナーの出産予定日前後で取得できる10日間の特別有給休暇を支給 + お祝い金として3万円を支給

子どもが生まれたあと: 育休お祝い金

産休取得者除く、育休を3ヶ月以上取得する、勤続1年以上の正社員・契約社員にお祝い金として30万円を支給

その他

FAQ

よくあるご質問
Q
現在の働き方が知りたい(リモートワーク・フレックスタイム制について)
A

現在、コアタイムを12:00-16:00としたフレックスタイム制を導入しています。
また、社員の地元・地域に根ざした働き方に対応するために、日本全国どこからでも働ける「WORK LOCAL」制度を導入し、リモートワークを中心とした就業形態となっています。(2022年2月時点)
新型コロナウイルスの感染状況が十分に落ち着くまでは現状を維持しながら、その後は月2回程度の出社を想定しています。

現在heyは、とても早いスピードで変化しています。1年間で100名近くの新しい仲間が加わり、新しいサービスも増えています。このダイナミックな変化の中で「価値あるサービス」を提供しつづけるために、完全フルリモートではなく、オフライン・対面で働く価値もミックスしながら、お商売をとりまく課題を解決していきたいと考えています。また事業フェーズに合わせて、今後も働き方や組織を柔軟に変化させていく見通しです。
さまざまな個別の事情(ご本人の体調の事情やご家族の看病・介護など)には、つど柔軟な対応を継続していく予定ですので、不安なことがあれば面談の際にお気軽にご質問ください。

リモートワーク下で円滑に業務を推進するため、esa.io, Slack, Google Meetなどのツールを使用したり、各チームでも工夫をしています。

  • ドキュメントなどを書く時は、経緯や背景を省略せずに書く
  • オンラインミーティングの資料は、文字を大きくして伝わりやすくする
  • 必要に応じてオンラインで直接対話する
  • 積極的に猫を登場させて場をなごませる など
Q
副業はできますか?
A

はい、可能です。
特にその点について制限は設けておりません。

Q
出産・育児をサポートするような制度はありますか?
A

独自の取り組みとして「Fun For Family/家族支援制度」をつくりました。
こどもが生まれるまで/こどもが生まれるとき/こどもが生まれたあと、それぞれのタイミングに合わせた制度を用意しています。

産前・産後・子育て・介護というライフイベントに寄り添い、会社から各種サポートを行うことで、安心して働ける環境を提供していきます。

  • 各種お祝い金
  • ベビーウェルカム休暇:10日間の特別有給休暇
  • ファミリーサポート休暇:二等身以内の家族1人につき5日の特別有給休暇を支給 など

MORE INFO

heyについてもっと詳しくはこちら

オンライン会社説明会
やってます。

ぶっちゃけどうなの?というところから、
これから目指していることなど、リアルなheyについてお話します。
少しでも興味をお持ちいただけたらお気軽にご参加ください。
お待ちしております!

まずは開催日程を見てみる